酔鯨/酔鯨酒造

高知市に唯一ある酒蔵。酒をこよなく愛した土佐藩主、山内 豊信の雅号「鯨海酔候」に因み命名。高知の酒の特徴が十二分に味わえる酒質
力強く切れ味のあるすっきりとした味わいは、太平洋を悠々と泳ぐ海の王者、巨鯨の如く大らかに飲み干せれば言う事無し。
 

酔鯨 熟成梅酒6

只今、蔵元より連絡あり、予約の段階で11月分の在庫が無くなったとの事です。

12月に入り、改めて出荷予定がありますので、大変申し訳ありませんが、今しばらくお待ち下さい。

 

11月11日(水)新登場~6年の時を経て、梅の風味を全て引き出した本格梅酒。

今回は熟成期間が6年となっています(前回は8年熟成)。

特徴

高知市北部鏡地区産「紅梅」の大玉を、食中酒をコンセプトに醸す「酔鯨の清酒」をベースにして、氷砂糖・焼酎と共に8年の長期にわたって漬け込み、梅の持つ風味を存分に引き出した本格梅酒(梅、糖類、酒類のみを原料に使用)です。

原材料   清酒・焼酎・梅・氷砂糖

原材料産地 高知市鏡地区産

アルコール度数 12%

以上/酔鯨酒造さんのHPより。

 

¥3,000

  • 在庫切れ

酔鯨 純米吟醸 吟麗秋あがり 寒露

今年からラベルが大幅に進化しました。しかも、時期により、少しながらラベルも変化しているのが今年の「秋上がり」の大きな特徴です。加えて名称も前半は「白露」後半は「寒露」とサブネームを変えています。(8/21~9/25出荷は白露/ 9/27~10/30出荷は寒露)お米は北海道の酒造適合米「吟風」を使用、精米歩合は50%です。
さて今年の出来栄えはどうでしょうか?香りは昨年よりも吟醸香は控えめ。そして、実際に口に運べば、キレの良さと言うのか、最後の最後に残る後口はやはりサラッとスッキリした感覚です。ともあれ、今年の味わいも間違いなくお勧めの酔鯨「秋あがり」であります。

¥2,937

  • 残りわずか
  • お届け日数:1~3日

酔鯨 純米大吟醸 秋あがり 吟の夢

高知を代表する酒蔵、酔鯨酒造さんの「秋酒」です。そして、今回お届けする1本は、今までになかった全く新しい新商品となります。

従来、純米吟醸 で県外のお米を使用した、秋酒はありましたが、今回、初めて高知で獲れた酒造適合米「吟の夢」(高育54号)を原料に・・、しかもグレードも一段回上げて、純米大吟醸酒として登場してきました。

 ちなみにラベル左下に書かれている蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)とは・・、春から夏にかけて外で活動していた虫たちが冬に向けて再び土にもぐって穴をふさぐ様子を言います(七十二候より)。夏から冬に向けて季節の移ろいを楽しんでいただきたいという思いを込め付けたと蔵元は言っております。さて、肝心の味わいはどうでしょうか。昨夜試飲をしましたが、一言で言うと「予想以上に旨い~」。

先ずは香りが「立派なお屋敷に入る」前の高揚感を感じさせる豊潤でドキドキ感を発散・・。そして、喉を通すと・・原料米が、まるで品種では最高級の<山田錦>であるかのような、きれいで、かつ、まろやかな味わい。そして後味は、日本酒独特の<旨味のある甘味>が後からドンドン追いかけてくる感じ。他のアルコール飲料には、無い日本酒独特の旨味が詰まった1本。

使用米:高知県産酒造好適米「吟の夢」 精米歩合:45% 使用酵母:熊本酵母(KA-4)×高知酵母(A-14) アルコール度数:16 度

冷やしてどうぞ。

¥3,960

  • 残りわずか
  • お届け日数:1~3日

酔鯨 純米吟醸 吟麗秋あがり 白露

今年も遂に出ました。秋の「旬の日本酒」 秋上がり・・です早春に仕上がった「新酒」を、1回火入れを行い、瓶詰め後、ひと夏蔵元の冷蔵庫で保管熟成させたのが「秋上がり」です。通常の「ひやおろし」は、瓶詰め前のタンク内で保管熟成させるのが、「秋上がり」との違いとなります。その結果、瓶詰め後の熟成により、品質が安定し一定の味わいが可能となったのです。そして、今年からラベルが大幅に進化しました。しかも、時期により、少しながらラベルも変化しているのが今年の「秋上がり」の大きな特徴です。加えて名称も前半は「白露」後半は「寒露」とサブネームを変えています。(8/21~9/25出荷は白露/ 9/27~10/30出荷は寒露)お米は北海道の酒造適合米「吟風」を使用、精米歩合は50%です。
さて今年の出来栄えはどうでしょうか?香りは昨年よりも吟醸香は控えめ。そして、実際に口に運べば、キレの良さと言うのか、最後の最後に残る後口はやはりサラッとスッキリした感覚です。ともあれ、今年の味わいも間違いなくお勧めの酔鯨「秋あがり」であります。

¥2,937

  • 残りわずか
  • お届け日数:1~3日

酔鯨 特別純米 吟の夢

「クジラ・マーク」で見た目からも印象的な酔鯨の特別純米酒シリーズの第3段。高知の酒造適合米「吟の夢」を100%使用しています。

一方、仕込み水は「平成の名水100選」にもなった高知市鏡地区針原の水を使用。控えめな香りに酔鯨らしい酸味があり、幅の広い味わいが特徴です。合わせるお食事は魚介類はもちろん、焼き鳥、しゃぶしゃぶ等にも負けない味わいです。

¥1,485

  • 在庫切れ

酔鯨 甘酒

吟醸の麹(こうじ)で手造りした<とろける>甘酒が出来ました~。自然な甘み、トロミ感、米の粒を絶妙に残した味わいの美味しい甘酒です。牛乳や豆乳で割ったり、フルーツと合わせても美味しく頂けます。腸内環境を整え、便秘解消、血行と代謝を良くし、美肌効果もある甘酒。勿論、アルコール分は含まれず、お酒を飲めない方、お子さんにもお勧めできます。

¥840

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

酔鯨 純米吟醸 高育54号 生酒

今年も入荷してきました。2年前からからラベルデザインも一新。

香りは、ほんのりと果実香を、控えめですが感じましが
喉を通せば、コクを感じながらも、それ以上にカラッと切れのある後口でした。
使用するお米は、
<高育54号>と言いまして、は高知県の酒造適合米である「吟の夢」の事となります。
ちなみの、高育54号のこの純米吟醸酒は基本的に年間商品の1つですが、今回の<生酒>での出荷は今回だけです。
今、旬のお奨めしたい高知の日本酒。期間限定となる「生酒」の仕様で入荷。
従いまして、数量が限られる貴重な商品となります。どうぞ、この機会にお求めを・・・。
まもなく売切れが予想されます。その場合は、ご了承下さい。

¥3,300

  • 在庫切れ

酔鯨 純米吟醸 吟麗Summer

 高知を今や代表する酒蔵さん・・となった高知市にある唯一の蔵元、酔鯨酒造さん。

 その酔鯨酒造さんの看板商品である、純米吟醸の吟麗(ぎんれい)

 そして、その吟麗の特別バージョンがこちらです。

 初めてこのボトルを見た時に、何と現代的に進化したカッコイイ、デザインだろうかと思った1本です。

 中身は、ご存知県外でも今やポピュラーな酔鯨酒造ですが、本商品は季節限定、数量限定の大変貴重な酒であります。

 3年前まで「夏酒」として出荷されていた商品ですが、先に書いたようにボトルデザインとラベルが全く新しく、見事に変化しました。

 先ず正面・・は瓶に直接印刷された文字と絵柄で、それも英語表記です。

 DRUNKEN  WHALE・・酔った鯨、即ち「酔鯨」となります。

 鯨のしっぽのイラストも上手に色合い含め設定されており、デザイナーさんの力量を知ることが可能です。

 裏の酒履歴も直接印刷で酔鯨 純米吟醸酒 吟麗Summer とあります。

さて、肝心の中身であります。

 使用するお米は最近高知の酒蔵も多く使用する松山三井と今年から初めて北海道の米<吟風>を使用。

 香りは昨年より吟醸香を感じました。そして、実際に喉を通して感じたのは、何と高知らしい味わいの酒だろうか・・と。

 サマー、そう夏酒らしく酸の利いたキリッとした喉越し。

 高知の酒蔵は19蔵ありますが、このように土佐酒の王道を行くかのような味は、酔鯨酒造さんがメインストリートを行き、その中でも、今回の吟麗サマーは中心にあると思います。

 日本酒度 +8.0 酸度 1.7 アミノ酸度 1.1   アルコール度数 16

 冷やしてお飲み下さい。数量限定に付き、品切れの場合はご了承下さい

 

 

¥1,551

  • 在庫切れ

酔鯨 純米吟醸 なつくじら原酒 夏季限定

先日入荷しました酔鯨さんの夏季限定(第2弾)の純米吟醸です。 ちなみに第一弾は下記の「酔鯨サマー」ですね。 ここ数年、出荷されており好評につき今年も登場です。 原料米が変わっており、何と北海道の「吟風」と言う酒米を使用。 さて、今年の出来具合はどうでしょうか?早速に試飲をしました。最初は味わいが不安定で馴染んでおらず、もう一歩の感がありました。 しかしながら、翌日もう一度飲めば、大分に改善。 味わいのバランスもまとまって来ており、これならイケると。 ドライで硬質な感じをはありますが、これも原酒ならではの 力強いアルコール感がから来るのかと感じます。 数量限定に付、品切れの場合はご了承下さい

 アルコール度数 17度  日本酒度 +6.0

酸度   1.95 アミノ酸度  1.3 酵母   KA-4 精米歩合 50%

冷やしてお飲み下さい。

¥1,650

  • 在庫切れ

酔鯨 純米大吟醸 DAITO 2019年

今や高知を代表する酒蔵と言ってよい、酔鯨酒造の最高級クラスの1本です。

このお酒は3つの、こだわりで仕上げられたプレミアム商品です。

以下、その3つとは・・。


1.    
原料米と、その精米度のプレミアム度合い


お酒の基となるお米は現在、最も価値のある兵庫県加東市東条地区の特A地区の酒米<山田錦>を100%使用。

しかも精米30%(70%を取り除いています)まで磨きあげました(通常の日本酒は精米は70%ですから、その精度が顕著です)

お米を磨く事で、雑味の無い綺麗で喉越しの良い酒質となります。

 

2.     2種類の酵母で醸造した画期的な酒です


普通は1つの酵母で醸すところ、特別に2つの異なる酵母で醸造しました。

大吟醸ならではの「華やかさ」、そして、純米酒の特徴「豊かな味わい」を出すためにあえて、2種類の異なる酵母で仕上げました。

 

3.     搾る際に<中取り>のみ、しかも酸素に触れさせないでボトリング


酒を搾る工程で最も香味が優れた部分<中取り>だけを取り、加えて、その中取りした酒を酸素に接しないように貯蔵。
その結果、より出来立ての美味しさが保たれたままボトルに閉じ込める事ができました。

 

 

 

雲雲雲、龍龍龍と連なった漢字を用いた商品名「DAITO(だいと)」は、天高く上る龍の有様を描いたもので、私たちの故郷である土佐を代表する坂本龍馬をもイメージ。 
中国では、黄河上流にある竜門の滝と呼ばれる急流を登りきれた鯉は、化して竜になるという伝説にがあり、ダイナミックなネオジャパネスク調の鯉の図案は、龍の化身を意図しています。

 

アルコール度数16度 冷やしてお飲みください。

なお、本商品画像は蔵元からお借りしました。

¥22,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日